Housui, or treasure water in Japanese, was certified in 2019 by the Water Certification Institute's Meisui Ninsho evaluation committee.

Housui's source is located in Tateyama-town, Toyama prefecture, Japan.
Housui is sourced from a protected aquifer at the foot of Tateyama Mountains on the fertile Toyama plain, also home to some of Japan's most highly regarded quality rice fields.

ナチュラルミネラルウォーター「宝水(ほうすい)瓶タイプ」は2019年に水認証機構評価委員会により「認定」の承認がなされました。

立山連峰に降り積もった雪が「宝水」の元の姿であり、その立山連峰の膨大な量の雪解け水は、数億年の悠久が形成した幾重にも連なる花崗岩層を浸透する過程でじっくりと磨かれ、清冽純粋な地下水となり、地域一帯を潤し、その清冽な伏流水を少量採水したのがプレミアムテーブルウォーター「宝水」であることを確認しました。

Housui water is bottled at source in the water town of Tateyama, home to a number of famous water springs, Japan's tallest water fall of 350m, among other beautiful gifts of nature.
It may be notable that some of the top chefs and gastronomical professionals including Masayuki Okuda regard the underground natural mineral waters in the mountains by the coast of Sea of Japan as distinctively fine and high quality due to the unique natural settings of abundance of fresh baby snow and granite filtration structure.

ナチュラルミネラルウォーター「宝水」のふるさとである富山県立山町は名水の里として、古くから愛される多くの湧水スポットは勿論、日本一の落差を誇る滝など、美しくスケールの大きい大自然を擁します。
味覚面において、立山町のある富山県をはじめとする日本海側の雪解け水の優秀さは著名な美食専門家も指摘するところであり、良質な雪とそれを涵養、自然ろ過する岩石層という恵まれた地下構造によるものと考えられます。

Housui Water is a soft water in the land of soft waters with hardness of 24mg/L and total dissolved solid of about 70mg/L, it is softer than many other Japanese natural water where the average hardness is about 50 mg/L.
Housui's Calcium:Magnesium ratio is about 3.5:1 as compare to said-to-be ideal ratio of 2~3:1. Due to their low level in absolute term, however, Housui's Ca:Mg ratio is not disavantageous at all.
Soft waters are said to be, and we believe they actually are, suitable for cuisines of subtle taste such as Japanese foods as a number of gastronomic research suggest.

Housui's great mineral composition as a perfect table water for Japanese dishes can mainly be explained by the special climate condition and the unique geological structure of the region.
Series of wet northern winter winds from Siberia and Sea of Okhotsk approach Japan, blocked by the Japanese mountains by the coats of Sea of Japan, producing pollution-free and high-quality snow in its abundance in the area including Toyama prefecture where the town of Tateyama sits.
Metres-high snow on Tateyama Mountains slowly melts, gets caught and nurtured by magnificent forested ground, gradually permeats into the complex granite rock layers, and starts flowing slowly yet massively into the underground of whole Tateyama town.

The natural deep-underground water of Housui, therefore, is naturally free from almost all pollutants, low in minerals, soft in taste, and contains naturally healthy elements only.

ミネラルウォーター宝水(ほうすい)は硬度約24mg/Lの軟水で、TDS(総溶解固形分)も約70mg/Lと少なく、とても軟らかく感じる水であり、特に和食との相性が良いことが挙げられます。
日本は軟水国ですが、その日本においても宝水はソフトでやさしい口当たりで、テーブルウォーター以外の用途としても乳幼児も含む老若男女の日常の飲用に適しています。
硬度とはカルシウムとマグネシウムの含有度を示しますが、宝水のカルシウム・マグネシウム比はおよそ3.5対1です。理想といわれる比率より若干カルシウムが多い(ないしマグネシウムが少ない)ですが、両方の絶対量が小さいため水質のマイナス点にはなりません。
また、宝水のph値は7.6の中性~弱アルカリ性で、人体に近い水準となっています。
この地に降った雨や雪が涵養され地下にゆっくりと浸み込み流れていく過程において、水はこれらの岩石層で磨かれ、酸性の炭酸ガスなどが吸収され、徐々にアルカリ性に変わっていくものと考えられます。

立山連峰の花崗岩はフィルター機能を効果的に果たし、その結果として周辺一帯の地下には人体に優しい健康的でクセのないおいしい天然水がゆっくりと流れていきます。
立山町の中でも宝水の水源工場は比較的山側に位置することもあり、地下帯水層における汚染可能性も極めて低いことが挙げられます。

この地の雨雪の水質、汚染発生源が近隣に無いこと、地下岩石層のフィルター機能など、汚染と無縁の良質な地下天然水が生まれる要素がここにはいくつも揃っていました。

The natural deep-underground water of Housui is naturally leser of any contaminants than many of other bottled waters in Japan.
Housui is low in total dissolved solids, soft, and very smooth.
Its pH level is 7.6, closer to inner human body’s pH than major Japanese mineral water brands.

立山連峰に降り注いだ雪からできた宝水の原水は大手量販店等で市販されている一般的なミネラルウォーターと比較し、地下に浸透する時点における汚染度が比較的低い可能性が指摘されます。
宝水はソフトな軟水であり、総溶解固形分も低めな、老若男女を問わず誰もが飲みやすい水となっています。

日本の屋根ともいわれる北アルプスの代表的な立山連峰の純粋な雪解け水が花崗岩層を浸透してできた宝水の原水である伏流水、そのpH値は7.6を示しました。
人体のpHがおよそ7.4ですので、体にやさしく染みとおる天然水です。

The water must be water-resource-sustainable in order to be certified by Meisui Ninsho water certification programme.
水認証機構の名水認証の認定には、「水質が良いこと」と「持続可能な水資源であること」の両条件を満たす必要があります。

As mentioned above, Housui water’s water quality has unique characteristics superior to many other water brands as it is healthier and tastier.

Housui also surpasses our certification standard of water resource sustainability.
We define “Sustaniable Water” as a water scientifically considered to be kept its volume in the aquifer for a long period of time.
Housui’s exceptionally gifted natural surroundings and prudent business plans contributed greatly to our confirmation of Housui water’s sustainability based on field research and analysis.
The area of Housui factory is highly fortunate as the entire town of Tateyama is gifted with huge volume of subsoil natural water flow from Tateyama Mountains.
The undergroud water stream through aquifers of massive size under the town before flowing into Toyama bay to feed the sea with fresh water with minerals.
Volume of the water being used for the table water Housui is much smaller than for PET prodcutss and is almost negligible given the great amount of underground water beneath and the region being a part of one of the most effective grand natural water circulation systems in Japan.

前述のとおり、「宝水」は他にはない水質特徴を持っており、ソフトな軟水で人体の体内に近いアルカリ性、そして汚染と無縁に近い宝水はとても健康的な水であるといえます。

も名水認証の認定のもうひとつの重要点、「水資源の持続性」においても、宝水はその条件も満たしています。
持続可能な水とは、将来にわたってその水が減ったり涸れることの無いこと、そして周辺の水循環に何ら悪影響を与えない水を差します。
「宝水」工場の位置する立山町は北アルプス立山連峰に降り注いだ雪雨が地下岩石層でろ過され、山麓地下の膨大な規模の帯水層をゆっくりと流れ下り、富山湾に恵をもたらし、また水蒸気に戻り、雪や雨になって立山連峰戻ってきます。
ミネラルウォーター「宝水」の製造に使われる地下天然水の量は一般的なペットボトル製品と比較しても極めて少なく、また当該地下水の規模と極めて良好な自然の水循環システムが機能していることからも、宝水は維持可能な水でできていることがわかります。

水認証機構では独自の現地調査により、宝水が持続可能な水資源からできており、周囲の水循環環境に影響を与える採水形態ではないことを確認しています。

Housui Water is bottled at one of the richest natural subsoil water sources in Japan, Tateyama mountain foots in Toyama prefecture.
Massive volume of the virgin snow fallen on the surface of Tateyama Mountains is nurtured by abundant forest trees before slowly permeats into the complex granite layers where it is naturally purified and absorbs only the limited amout of optimal mix of minerals. The bottling plant of Housui Water is surrounded by vastly spacious rice fields without any sign of pollution source in its upstream.

ミアムミネラルウォーター「宝水」の採水地周辺に工場その他産業施設は無く、調査時点において水源は汚染と無縁な環境下にあります。
政府が定めるミネラルウォーター成分基準を満たしているのは勿論、有害金属・微量元素は不検出、総合的に宝水は汚染とは無縁として差支えない水といってよいでしょう。