水認証機構

Water Certification Institute
北海道の大自然が生んだ名水、夢水氣(ゆめみずき)。

北海道駒ケ岳山系の伏流水に恵まれた大地で採水、製造されるミネラルウォーター「夢水氣」は、水認証機構「名水認証」制度により認定された、良質で持続可能な天然水が使われています。

水質が優れているだけでなく、将来も持続可能な水であることが「名水認証」の条件。
夢水氣はアルカリ性、そして老若男女を問わず誰にも優しい軟水であり、ミネラルバランスも健康的で、日々の飲用に適しています。

夢水氣の製造には、豊富に自噴する膨大な地下水のうち限定量が使用されており、 これから連綿と続いていく世代においても持続可能な水といえます。
夢水氣の故郷は、北海道駒ケ岳、大沼、小沼、じゅんさい沼を擁し、名勝地として名高い大沼国定公園。 豊かな森林と水鳥の楽園たる無垢な自然は世界的に評価が高く、2012年にはラムサール条約に登録されています。

そしてその「地下」には、極めて良質な天然水という自然の宝が存在しているのです。
ミネラルウォーター夢水氣(ゆめみずき)の原水は硬度約26mg/Lの軟水で、TDS(総溶解固形分)も76mg/Lと少なく、とても軟らかく感じる水です。

日本は軟水国ですが、その日本においても夢水氣はソフトでやさしく、乳幼児も含む老若男女の日常の飲用に適した水といえます。
硬度とはカルシウムとマグネシウムの含有度を示しますが、夢水氣が優れているのはその構成比です。カルシウムとマグネシウムがおよそ2.4対1の比率であり、一般的に最適とされる2~3対1にきちんと適合します。
また、夢水氣のpHはおよそ8.2のアルカリ性のミネラルウォーターとなっています。

これらの秘密は採水地の地下にみられます。
夢水氣の採水地の地下岩石層は数百万年もの昔の噴火でできた玄武岩、安山岩などの火山岩類、そして岩屑(がんせつ)なだれの堆積物でできています。
この地に降った雨や雪が涵養され地下にゆっくりと浸み込み流れていく過程において、水はこれらの岩石層で磨かれ、酸性の炭酸ガスなどが吸収され、徐々にアルカリ性に変わっていくものと考えられます。

また、石灰岩などの堆積岩のように水が岩石からミネラルを豊富に吸収するのではなく、これら火成岩の場合は分かりやすくいえばフィルター機能としての役割が大きく、結果として地下深いた帯水層に軟水がゆっくりと流れることになります。

更に夢水氣の優れた点は、汚染度が極めて低いこと。
全ての規制項目の検査結果が良好であることは勿論、複数の汚染指標において他の多くのミネラルウォーターに見られない優秀なデータが得られています。
この地の雨雪の水質、汚染発生源が近隣に無いこと、地下岩石層のフィルター機能など、汚染と無縁の良質な地下天然水が生まれる要素がここにはいくつも揃っていました。

夢水氣は市販されている他のミネラルウォーターと比べても汚染度が低いといえる天然水でできています。

ミネラルウォーターに求められる全規制項目の検査結果が良好であることは当然としても、硝酸性窒素と亜硝酸性窒素などの指標は相対的に極めて低値で安定しています。

夢水氣はソフトな軟水であり、総溶解固形分も少ない、誰もが飲みやすい水が使われています。 また夢水氣のアルカリ性は国定公園地下の伏流水が岩石層を浸透していく自然の作用でpHが8.2前後になったものであり、電解器などで人工的に生成したアルカリ水とは異なります。

水認証機構の名水認証の認定には、「水質が良いこと」と「持続可能な水資源であること」の両条件を満たす必要があります。
前述のとおり、「夢水氣」は他にはない水質特徴を持っており、乳幼児にもやさしい軟水でアルカリ性、そして汚染と無縁に近い夢水氣はとても健康的な水であるといえます。

名水認証の認定におけるもう一つの重要点、「水資源の持続性」においても、夢水氣は認定条件を満たしています。

持続可能な水とは、将来にわたってその水が減ったり涸れることの無いこと、そして周辺の水循環に何ら悪影響を与えない水を差します。

もし、ある市販飲料の原水が工場地下の限定的水量の帯水層から電気ポンプで大量に採水したものであれば、利益追求のために地下水量が減るほど汲み続けてしまったり、帯水層が共通する近隣の地下水量にも影響を与えてしまうことがあり得ます。
そのような場合、いくら水質が良かったとしても、水認証機構による名水認証は与えられません。

夢水氣は被圧地下水、つまり地下から自然の圧力で上がってくる天然水のうち、少量を使用してボトリングされています。
また、夢水氣の限定的な使用水量は、当該地区の地下水の賦存量にほぼ影響を与えないことが推定されます。

これらから、今後例え製造量が数倍に増えたとしても周囲の水資源保護に影響は無いものと考えられます。
水認証機構では独自の現地調査により、夢水氣が持続可能な水資源からできており、周囲の水循環環境に影響を与える採水形態ではないことを確認しています。

水源地の大沼国定公園は明治の時代から自然保全が図られ、静けさに包まれたその素晴らしい景観を求めて人々が集まる場所でもあります。

地上を彩る見事な景色の一方、その地下には飲料水として良質な地下水がゆっくりと流れています。